自宅近くの内科分野を得意とする病院を選びましょう。

診療科目別ポイント(内科)

私たちは普段、健康を維持する事によって日々の生活を正常に営むことが出来ています。

 

しかし、ひとたび身体の調子を崩すと通常の生活を営むことは困難となり、
プライベートだけでなく仕事などにも支障が出てしまう結果となります。

 

そのような事態に陥ってしまったら、まずは自分に合った病院を見つけて診察を受け、
早急に適切な治療を始めることが大切です。

 

できれば普段から通い易い立地にある病院を探しておき、早い内に「かかりつけの医師」を見つけておきましょう。

 

 

 

かかりつけの医師が居れば、普段からちょっとした体調不良や身体の異変を感じたときでも気軽に来院することが出来ますし、精密検査や入院が必要という事になれば専門医のいる大規模な病院を紹介して貰うことも出来ます。


 

また、病気のことなら何でも相談できる医師が自宅の近くに居るというだけでも強い安心感に繋がります。

 

一口に医師と言ってもその専門分野は多岐に渡り、各分野に精通した専門医がそれぞれ得意とする分野での治療を行っています。

 

そのため、かかりつけの医師を選ぶ場合はどの診療科目に精通した医師を選ぶかが重要なポイントとなってきます。

 

私たちが普段、掛かりやすい病気としては「風邪」や「インフルエンザ」などの比較的、軽度の病気が挙げられます。

 

これらの病気に精通した専門医は「内科医」と呼ばれており、一般の人がもっとも頻繁に訪れる診療科目のひとつとして知られています。

 

つまり、かかりつけの医師を選ぶのであれば、普段から通う機会の多い「内科」を専門としている医師がオススメです。

 

また、良い内科を見極めるポイントや選び方としては、

  • 医師が目を合わせながらしっかりと話を聞いてくれるかどうか
  • 聴診や触診を丁寧に行ってくれるかどうか

など見ながら選んでいく事が大切です。

 

また、患者の話を丁寧に聞いてくれて、質問にもしっかりと答えてくれる医師のいる内科を選ぶ事が満足のいく診察や治療を受ける事につながります。

 

外科についてはこちら